債務整理辞任になったけど、あきらめなくて良かった!!

再・債務整理のメリットデメリット

再・債務整理にはメリットデメリットがあります。状況等にもよりますが、下記にメリットデメリットを記載していますので、ご確認下さい。

メリット
デメリット

・毎月の収支に合わせた返済ができる。
・法律家に依頼するので、代理人として交渉してもらえる。
・辞任された直後の一括請求訴訟を回避できる可能性がある。
・遅延損害金や一括請求などを請求を再交渉できる。
・就職活動等の生活環境を再度整える時間ができる。

・辞任された分と再度依頼した分で2重の報酬がかかる。
・辞任されているので、信用関係をしっかりしないとすぐに辞任されてしまう可能性がある。
・1度目に和解した条件よりも悪条件での和解をしなければいけない可能性がある。


一度辞任されてしまうと、再・債務整理は非常に難航することが多いです。辞任された直後は和解書の「期限の利益喪失」や和解条項に基づき、一括請求をされる可能性が高くなります。訴訟では法律家が作成した「和解書」が証拠になりますので、貸金業者の勝訴判決がおりる可能性が高いです。また、仮執行宣言が付与されており、会社の給料の差し押さえや銀行口座の差し押さえが可能となり、実際に差し押さえられてしまうケースもあります。
全般的に考えると、始めに依頼をした先生との信頼関係をしっかりと築き上げ、適正な報酬を払って満足のいく業務を遂行してもらうことが最も良い結果になると思います。

メリット・デメリット

 

↑ ページの上部へ

債務整理辞任のその後運営事務所

Luna司法書士事務所

司法書士 田村真一

住所:東京都昭島市緑町4-20-10
ハイムヴァルト303

TEL:042-500-6487

FAX:042-500-6488

>>詳細はこちら